トップ / 不動産に相談すること

経費

有効活用したい不動産の利用

一戸建て住宅やマンションなどの不動産を持っている方で、引っ越しを行ったり、既に使用していない物件を所有しているのであれば、物件を有効活用することを考えることも良い方法です。賃貸住宅として貸し出す方法があり、仲介を行う管理会社などに依頼を行う方法で、簡単に入居者を集うこともでき、物件の維持管理を任せることができます。一定の価値を持っている不動産の場合では、入居者を常に確保しやすい環境にあるので、何も使い道のない場合では賃貸はおすすめの方法です。

木造住宅を不動産として活用する

長年暮らし続けていた木造住宅を不動産会社に売却しようとすると、査定で土地のみしか評価してもらえない場合があります。木造建築の耐用年数は30年なので、20年以上にわたり暮らし続けている場合は要注意です。リフォームを行い、内装だけでも新築同様に仕上げれば、賃貸の一戸建て住宅として活用できます。賃貸住宅は資産価値とは無関係に、入居者の有無だけが重要になるからです。同じ木造建築でもアパートよりも一戸建てのほうが、築年数に関係なく賃貸活用しやすいです。

↑PAGE TOP