トップ / こだわりの一戸建てを

経費

保護効果の高い一戸建て

木造建築の場合は、雨漏りによる木材の腐敗が経年劣化を促進させてしまう原因になりやすいです。屋根材が損傷して亀裂や穴が発生してしまうと、雨が入り込みやすくなります。木造建築の一戸建てを新築するときは、屋根から目が入ってきても、すぐには部屋に水滴が落下しないように、天井を施工しておくと良いでしょう。天井の天板裏に、防水性の高いシートを貼っておくと安心です。屋根裏は確認しにくい環境なので、新築時に防水対策を施工しておくのがポイントです。

一戸建ての良さを知ろう

賃貸アパートや賃貸マンションなどは、家賃をずっと払い続けなければならず、年間、何百万円払おうが、自分のものにはなりません。それに、一つの集合住宅に多くの人間が住み、居住空間が接近しているので、騒音や自動車の駐車問題なので、ご近所トラブルになることもあります。それに比べて一戸建ては、独立した形態をとっているため、比較的、騒音も気にしないで済み、自由に庭に車を駐車できるので、人間のこころに余裕が持て、開放感が味わえるのです。

↑PAGE TOP